ひとこと.jpg

2021年6月23日付 中国新聞

弊社社長竹田の記事が掲載されました
 

 「データを可視化することで企業は戦略を深掘りできる」と強調するのはITコンサルティングのシリウス1(広島市中区)の竹田邦雄社長。
 米国発の分析ツールTableau(タブロー)を扱う。膨大なデータを分かりやすくグラフなので示すのが特徴。例えば自動車販売に使うと、車種ごとや店舗別など自在に見たい項目をクロスし、営業に生かせる。「単にITツールを入れるだけでなく自社の強みと弱みを分析することが大切」
 約10年前に米シリコンバレーを訪ね、データ分析の大切さを感じた。「競合相手の強みや弱みも分かる。テレワークの時代だからこそ、重要性を提案したい」と力を込める。【2021年6月23日 中国新聞】

Tableau_PRC_HeroImage_Laptop1.jpg

【近日開催】Tableau体験セミナー

広島でセルフサービスBIツール「Tableau(タブロー)」の無料体験セミナーを開催いたします。Tableauは、マウスの操作で簡単に、データの分析、ビジュアル化(グラフ作成)、ダッシュボードの作成ができるソフトです。
本セミナーでは、ハンズオン形式で、実際にTableauを操作して、その優れた操作性を体験いただけます。

27749995_1846653318680324_79370871666660

【2018年2月】Services Partner of  the Year受賞

 関連会社シリウス・データサイエンスが、Tableau社のAPAC(アジア太平洋)より、2017年度の「Services Partner of the Year」のAWARDを受賞。

 Tableauのユーザートレーニングへの貢献を評価いただいての受賞となり、弊社社長の竹田(シリウス・データサイエンス社長兼務)が、シンガポールで行われた表彰式に出席させていただきました。